吉野川ラフティングと淡路島で泳ぐ

淡路島-吉野川ラフティング旅行 

旅行プランのご紹介

<1日目>

平野パンで朝食

淡路島の綺麗な海で泳ぐ

宿泊は徳島の「賢見温泉」

バーベキュー

<2日目>

吉野川ラフティング半日 体験ツアー参加

宿泊は「かずら橋キャンプ村」

<3日目>

かずら橋観光

川遊び

淡路島へ行くには明石海峡大橋を通るのでやっぱりワクワクします。

迫力ありますが、直ぐに通り過ぎます。

f:id:ryoko-odekake:20170902021004j:plain

まずは淡路島で朝食をとりたいと思い、調べたところ『平野パン』が良さそう!

と言うことで行ってきました!

洲本インターから近く、立地的にも良かったので決めました。

f:id:ryoko-odekake:20170902030150j:plain

到着すると既に賑わっていました。 

おすすめは、フルーツタルト!

とにかくフルーツ系ながオススメです。

f:id:ryoko-odekake:20170902022506j:plain

チョコレート系のパンも追加しました。

コーヒーも美味しかったです。

子供たちはミックスジュース。

時間がありましたら是非どうぞ。

https://tabelog.com/hyogo/A2806/A280602/28018771/

兵庫県洲本市下内膳76

神戸市中央区から約50分ですね。

次に向かうのは、淡路島の海水浴場の中でも一番綺麗な『阿万海岸海水浴場』です!

高速を使わず一般道で約35分!

朝食を洲本市にしたのは、このためです。

 

兵庫県南あわじ市阿万西町

この阿万海岸海水浴場は兵庫県に住んでいて初耳でした。 

他の有名な海水浴場に比べると、場所的に行きづらい位置にあります。

これが穴場的な存在になっているようです。

行ってみると駐車場が混み始めていました。

10時30分頃でしょうか。

とはいえ駐車できないほどでもなく、難なく2台共駐車できました。

やっぱり早いに越したことはないと思います。

阿万海岸海水浴場

f:id:ryoko-odekake:20170902022849j:plain

f:id:ryoko-odekake:20170902023009j:plain

思っていたより綺麗でした。

来て良かったと思います。

気が付けば子供たちは海の中へ。

私は、浮き輪の準備に汗を流します。

シャワー施設も完備されていました

1回100円です。

更衣室も無料で便利でしたよ。

ここから鳴門大橋を通り。徳島県へ。

 

高松道から、徳島道への行き方

鳴門海峡大橋を渡ると高松道になります。

高松道から徳島道への乗り換えは以下の通りです。

高松道(板野IC)降りる。

     ↓

   一般道走る

     ↓

徳島道(藍住IC)から入る。

板野-藍住間が一般道です。

周辺には飲食店が結構あります。

賢見温泉

宿泊地は賢見温泉(世界の吉野川で KENMIラフティング)

f:id:ryoko-odekake:20170902023414j:plain

賢見温泉はラフティング系の宿です。

トリバゴから安いホテルを一括比較が可能です。

他にもラフティング宿があります。

夕食は『バーベキュー』です。

ラフティングと宿泊のプラン。

食材は全て宿任せなのですが、

肉が多い!食材が多いです。

f:id:ryoko-odekake:20170902023955j:plain

食べ切れないと直感的にわかりました。

9人分の食材で、子供が5人。

子供たちは早々とギブアップ。

大人たちがそれぞれ自分の限界に挑戦。

幸いお隣さんが若いメンバーでしたので、

余った食材を貰ってくれました。

部屋は普通の広い和室です。

建物が川沿いの崖に建っているので、

川が見え風情がありました。

風呂は大浴場で、ゆっくり過ごせました。

 

<2日目>

吉野川ラフティング半日体験ツアー

に参加しました。

お父さん+中学生3人 → 半日ツアー

お母さん+小学生2人 → 初級コース

そうこうしている内に、説明が始まりました。

吉野川って?

・全国で一番危険

・世界大会が行われるほど有名

・半日体験ツアーは普通に危険なエリア

 そのため中学生以上が参加資格

・保険にも入る必要があり。

・激流レベルはグレード1~5という世界基準

 があり国内唯一のグレード4

・大歩危と小歩危があり、小歩危が危険

・水位によっては小歩危は行けない

※基本的にトイレがありません!

時間は11:00~17:00。

実際はラフティングに夢中で、トイレのことは忘れていましたけど。

ウェットスーツを着るのですが、着用のまま川の中で用を足しては絶対にダメとのこと

です。

次の人が着れなくなるほど、臭うからだそうです。

『川に落ちた場合、足を上に上げること』

これだけ守っておけば、死なないとのこと。

基本的にライフジャケットを着用していれば浮きますので、沈むことはありません。

落ちたときに、焦って立とうとして、足が岩に挟まり抜けなくなって溺れるので、立と

うとせずに流されることが重要。

何故か私が先頭になってしましました。

先頭がいちばん落ちやすいとのこと。

激流が近づいてきました。

先頭なので、激流がよく見えます。

どう考えてもあの角度はやばい。

水が嫌いな私は必死にしがみつきました。

先頭はものすごい勢いで水が掛かります。

何とか耐えることができました。

あれでレベル3とのことです。

それでも少しづつ慣れてきて、やり過ごせるようになりました。

そんな時、事件が起こりました

激流で中学生の女の子が落ちたのです。

助けることは出来ない距離です。

インストラクターも焦っています。

何とか激流を耐えて、緩やかなところで救い出すことができました。

さすがに泣いていましたね。

無事で良かったです。本当に。 

途中で岩から飛び込みもしました。

高いところが苦手な私ですが、頑張って3mから飛び込みました。

インストラクターのお兄さんは、10mをバク転で飛び込みました。

カッコよかったです。

ようやくラフティングが終わり、その後はお風呂で温まりました。

この瞬間が最高でした。

次回は一日コースに行きたいです。

ラフティングをするか悩んでいる方へ

結論から言うと、是非参加してください!

滅多に経験できることではありません

雄大な吉野川を是非体験してください。

吉野川ラフティングはここから予約できます。

あなたに合ったプランを探してください。

様々な宿がございますので、

早めに予約しておいた方がいいと思います。

ちなみに私はこちらの宿を予約しました。

賢見温泉(世界の吉野川で KENMIラフティング)

一つ後悔していることがあります。

ラフティングの写真が無い!

防水カメラが欲しかった(>_<)

早速調査して購入しました。

私は下の方を買いましたが、お子さんも使用するならこちらもオススメです。

大人メインでしたらこちらがオススメです!

2日目の宿 かずら橋キャンプ村

さて宿へ向かいます。ちょっと山奥ですね。

関西の方なら「かずら橋」聞いたことありますよね?

かずら橋の近くのキャンプ場のバンガローで宿泊です。

すぐ近くに川がありますので普通に遊べます。

そして川の流れる音がいい感じです。

f:id:ryoko-odekake:20170902152209j:plain

f:id:ryoko-odekake:20170902145035j:plain

夕食ですが、さすがにBBQを2日連続はきついので、吉野川沿いにお店がありました

ので、食材を買って豪華なサンドイッチを作って食べました。

吉野川沿いにコンビニもあります。

この日は猛暑でバンガローの中は暑かったです。

寝るのに一苦労しました。外は涼しかったです。

今回は、ここでBBQしていませんが、BBQするには最高ですね。

川も危なくないですし。

かずら橋キャンプ村のHPです ↓

大歩危・祖谷観光ナビ【遊ぶ】

バンガロー5350円だったかな。

3日目

さてこの日は観光地「かずら橋」を渡ります

キャンプ村から歩いて5~10分くらいでした。

料金は 大人550円 小人350円。

こんな感じです ↓

f:id:ryoko-odekake:20170902151142j:plain

思ったより短い?

いやいや実際に渡ると長く感じました。

足元結構危ないっ。小さい子は泣いてましたね。

f:id:ryoko-odekake:20170902151547j:plain

 

f:id:ryoko-odekake:20170902151028j:plain

この日は川遊び。

カニや魚を捕まえて、ゆっくり過ごしました。

f:id:ryoko-odekake:20170902152737j:plain

帰りに吉野川SAで遊びました。

ここは以前から知っているのですが、結構楽しいです。おすすめです。

吉野川の遊覧船に乗ったこともあります。

遊具や温泉施設もあり、楽しめると思いますよ。

是非寄ってくださいね。

f:id:ryoko-odekake:20170902153246j:plain

今回の旅行は以上ですね。

完全にラフティングメインの旅行でした。

よろしければ、ブックマーク、スターなんでもいただけたら嬉しいです!