身長を伸ばす栄養素とは

f:id:ryoko-odekake:20190104100614j:plain

和食は日本人の長寿に貢献し世界から注目を集めている。

太らずに身長を伸ばす体作りを目指そう。

和食の良いところを十分に引き出す

和食の長所

 ・ 脂肪が少なめ

 ・ 日本人の体質に合っている

 ・ 四季折々の豊富な食材

和食の短所

 ・ たんぱく質が少なめ

 ・ 塩分が多め

洋食の長所

 ・ たんぱく質が多い

 ・ カルシウムが多い

洋食の短所

 ・ 脂肪が多め

 ・ カロリーが高め

ヘルシーな和のカルシウムとたんぱく質

和食はカルシウムの宝庫。

乳製品のカルシウムと異なり、脂肪をほとんど含まない和のカルシウムは貴重で、強靭な骨作りのもととなる。

特に大豆製品の優秀さを特筆すべき。

乾物は保存がきき、使いやすい

乾物は、カルシウム等の栄養分が豊富で長期保存ができ、調理の際には簡単に使える。

大豆製品マメ知識

大豆は「畑の肉」と呼ばれ、たんぱく質が豊富に含まれるヘルシーな食材である。

f:id:ryoko-odekake:20190104100723j:plain

大豆をたくさん食べている人は、コレステロール値が低く心臓病による死亡率が低い。

豆腐、納豆、枝豆、みそ、厚揚げ、豆乳・・

高身長国のレシピに学ぶ

世界の国々の平均身長を測定すると、日本人は先進国の中で最下位。

高身長国の人々と一体何が違うのか。

アイスランドは世界屈指の高身長国。

平均身長 男性:180㎝ 女性:167㎝

アイスランドは魚の消費量が世界一。

高身長国の中でも、オランダ、ドイツ、イギリスは生活習慣病が多く、平均寿命が短い。

アイスランドは、世界トップクラスの高身長国、長寿命国なのは魚から多くのたんぱく質をとっているからである。

魚介類の脂肪と肉の脂肪の違い

魚介類に含まれるDHAやEPAは生活習慣病を

予防し、動脈硬化を起こしにくい。

日本の高身長県でも魚介類の消費が多い

日本の高身長県(男子)

  1位 石川県

  2位 秋田県

  3位 青森県

魚介類の消費が多い県

  1位 青森県

  2位 秋田県

  3位 富山県

  4位 石川県

やはり魚介類の消費が多い県が高身長。

米、穀物類にも目を向ける

日本の肥満の少なさと平均寿命の長さは、お米のおかげでもある。

欧米と比較すると、肉、乳製品が少ないが、米からのたんぱく質の摂取も少ない。

韓国は日本より平均身長が3㎝高く、日本よりも1.3倍のお米を食べている。

高たんぱく質低脂肪食を作るには

たんぱく質につきまとう脂肪を取り除く

◆「油で揚げる、炒める」から

「蒸す、茹でる、網焼き」で油を落とす。

(例)

豚ロースのカツ 脂肪35g エネルギー47kcal

        ↓

豚ロースの煮豚 脂肪17gエネルギー240kcal

牛肉すき焼き  脂肪30gエネルギー430kcal

        ↓

しゃぶしゃぶ  脂肪19gエネルギー250kcal

◆肉の脂肪をある程度カットする工夫

脂身10gには70kcalもの脂肪が含まれ、さらに脂身はダイオキシンや残留農薬で汚染されている可能性がある。

鶏肉は、皮を取ると脂肪を減らせる。

焼いた肉は敷き紙を敷いて脂肪を吸収する。

肉の選び方

肉のたんぱく質は身長を伸ばすのに非常に有効だが、脂肪は身長を伸ばす効果がない。

霜降り牛肉は、メタボリック症候群にかかった肉で、身長を伸ばすのには適さない。

鶏のささみが低脂肪でおすすめ。

アイスランドでは、牛や豚よりマトンを多く食べている。マトンは脂肪がとても少なく、高たんぱくで低脂肪である。

魚介類の選び方

アイスランドでは、脂肪の少ないタラが多く消費されている。日本人は脂ののった魚を好むが、低脂肪の魚に目を向ける必要がある。

まぐろの赤身はいいが、トロは脂肪でNG。

但し、魚の脂は血圧やコレステロールを下げる働きがあるため、ある程度の摂取はOK。

高たんぱく質、低脂肪の魚

タラ、マグロ、カツオ、ヒラメ、エビ、アジ、

タイ、サワラ、タコ、スズキなど。

食の安心と安全も身長に関係する

化学物質に汚染された食品や、不必要な化学物質の添加について知っておく必要がある。

汚染物質は脂肪にたまる

どのような食材が危ないのでしょうか。

それはズバリ、肉や魚の脂肪や内臓である。

野菜の残留農薬は洗えばかなり落とせるが、農薬やダイオキシンなどに汚染された肥料を動物が食べると、一部が腸から吸収される。

そして汚染物資は肝臓に運ばれ吸収される。

加工食品のとりすぎに注意

◆リン酸塩などの食品添加物に注意

食品添加物は様々な加工食品に含まれる。

食品添加物のうち身長に悪影響があるのは、特に「リン酸塩」である。

優れた食品でも悪影響が出る。

◆牛乳の飲みすぎ

牝牛由来の女性ホルモンが子供の体内のホルモンに悪影響を及ぼす可能性がある。

脂肪も多く含まれるため肥満に繋がる。

◆大豆製品のとりすぎ

イソブラボンを大量に摂取すると、子供の体内のホルモンに悪影響が出る可能性がある。

◆野菜の食べすぎ

食べすぎると成長因子が低下する。

カルシウムや亜鉛とくっついて、必要な栄養素が体外に出ていく可能性がある。

年齢+5gを目安に摂取すること。

◆ヨウ素のとりすぎ

ヨウ素は甲状腺ホルモンをつくるために重要な栄養素だが、とりすぎると甲状腺ホルモン

が低下してしまう。

インスタント食品はヨウ素が多く含まれる。

◆レバーの食べすぎ

レバーは鉄分、ビタミンA、B1、B2が豊富だが、牛や豚の肥料はダイオキシンや残留農薬で汚染されていることもあるため、食べすぎには注意が必要。

栄養はバランスが大事である。

これまでの内容は以下の本に記載されておりますので、詳細を知りたい方は是非

購入をお勧めします。

子供の身長は今しか伸ばせません。

よろしければ、ブックマーク、スターなんでもいただけたら嬉しいです!