肥満の原因は脂肪ではない。本気で痩せたい人はこの事実を知らないと損をする。

f:id:ryoko-odekake:20190525233018j:plain

脂肪を食べても太らない理由

皆さんはこの事実、知っていますか?

私も数年前までは、太る原因は脂肪を食べるからだ!と思っていました。

でも実際は違います。

脂肪を食べたからといって、そのまま脂肪になるわけではありません。

食べたものは消化⇒吸収の過程で分解され新しい物質に変化します。

脂肪の多くは便になり殆ど体内に残りません。

じゃあ、太る原因は何なのか。

原因は糖質である

何故糖質は太るのか。

ブドウ糖は生きるために必須の物質であるため、100%体内に吸収されてしまう。

吸収された糖は、脂肪に変化する。この事実、恐ろしいですよね。

 脂肪は摂取してもいいの?

人間の細胞膜は脂質でできているため、脂質を摂取しないと健康に害してしまう。

但し、質のいい脂を摂取することが重要。

質のいい油とは?

オリーブオイルと思っている方、半分正解です。

答えは、エキストラバージンオリーブオイル です。

オリーブオイルは血糖値を抑える働きがあります。

パンやパスタと一緒に食べること糖の吸収を抑えてくれます。

私は数年前、小豆島に行ってからオリーブオイルの魅力を知りました。

色々と調べているうちに体に良いことが分かり、今では必ずオリーブオイルを

使って料理しています。

危険!オリーブオイルの種類に注意!

オリーブオイルには大きく2種類あり、エキストラバージンオリーブオイルと、

ピュアオリーブオイルがあります。

エキストラバージンオリーブオイルとは

オリーブの実を絞っただけなので高品質

ピュアオリーブオイルとは

オリーブの実を絞った後、香りや味のない油の状態にし、エキストラバージンオリー

ブオイルを混ぜ合わせた、ブレンド油

どのオリーブオイルなら間違いないの?

おすすめのオリーブオイルはこれですね。

 脂は料理に欠かせないものです。

毎日口にするものなので、できるだけ安心なものを選びました。

 とにかくエキストラバージンであればOKです。

オリーブオイルの間違った認識 その1

サラダなど生で食すものは、エキストラバージン、

加熱して使うのはピュアオリーブと思われている方がいます。

これは間違いです。

加熱でもエキストラバージンを使用してください。

オリーブオイルの間違った認識 その2

天ぷらなどの揚げ物は向いていない。

これも間違いです。

他の油と同様に使うことができ、カラッと軽く仕上がる点が特長。

抗酸化効果が高いため、酸化しにくく繰り返し使うこともできる。

但し普通の油は180℃だがオリーブオイルは210℃で揚げてください。

オリーブオイルはなぜ体にいいの?

主要成分が価不飽和脂肪酸であるためです。一価不飽和脂肪酸とは、オレイン酸やパルミトレイン酸であり、若い年齢層の皮脂に多く含まれる成分でもあることから若返り、健康な肌の維持、美肌作用を有しています。オレイン酸は善玉のHDLコレステロールを減らすことなく、悪玉のLDLコレステロールのみを減らします。 「悪玉の一価不飽和脂肪酸」に注意すること

人工的に多量に作られている悪玉の脂肪酸、
「トランス脂肪酸(TFA)」には注意が必要。心疾患を増やす働きがある。
米欧では、マクドナルドやケンタッキー、デニーズなどの大手外食チェーンもTFAを含まないメニューを提供している。
代表的なものはマーガリン。植物性油を加工する際にトランス脂肪酸に変換されてしまう。 また、マーガリンのこと詳しく書きますね。 

結論

エキストラバージンオリーブオイルで全ての料理が解決する
よろしければ、ブックマーク、スターなんでもいただけたら嬉しいです!